オレステスを観た

e0090389_1154140.jpg

エウリピデスによる2千年前の戯曲である。
「オレステス」は、事後の顛末を描いたような戯曲で、400年前のシェイクスピアによる「ハムレット」が、藤原竜也によって現代にもたらされた2003年の「ハムレット」ほどのカタルシスは、さすがになかった。

原始的な演劇に登場する人物の感情は、野太くストレートで
その怒りや悲しみを、鉛のように、重く舞台に降りしきる雨が打ち続け、会場全体を揺るがすように鳴るティンパニーが、力強く鼓舞する。
役者たちの演技は、おしなべてプリミティヴな太い線で大胆に描かれ
終始一定のテンションを保ちながら、荒々しく進行する印象。
藤原がハムレットで見せた、強弱、間断のリズムを駆使して
手繰っては寄せ、寄せては突き放すような繊細さは見られない。
現代に生きる若者たちが、演劇の原点を模索する姿に
演出家、蜷川幸雄の意図を見たような気がする。
自分の血肉を切り分けて、次の世代に伝えたい物
残さねばならない物としての「オレステス」。
ともすれば、観客が置いていかれそうになる驚愕のラストも
そう理解すれば出来ないことはない演出かもしれない。

その夜、これしかない!と確信して飲んだワイン。
ゼウスとイオの物語を思い起こさせる、思議な絵のエチケットだ。

マストロベラルディーノ・ヒストリア
[PR]
by henrri | 2006-09-16 12:04 | 演劇
<< ワインセミナー後期第一回 六月は真紅の薔薇 >>