カテゴリ:未分類( 12 )

移転

移転しました。今後とも、天使のワインセラーをよろしくお願いいたします。

移転先URL

http://plaza.rakuten.co.jp/winekiko/
[PR]
by henrri | 2006-10-05 19:07

ワインセミナー後期第一回

夏の間お休みいただいていたワインセミナー。
後期第一回が開催されました。e0090389_13131420.jpg

福島市のグラスワインのお店「ユアーズ」にて開催。
後期は、葡萄品種別に飲み比べながらワインを学んでいこう
というコンセプトです。
第一回は、「カベルネ・ソーヴィニヨン」代表的な赤ワインの品種です。
特にボルドーのメドック地区のものが有名。
タンニンが多く、長期熟成のフルボディータイプのワインが出来ます。
e0090389_165481.jpg


右から
1 : バロン・ド・ロートシルド ボルドー・レセルヴ・ルージュ(フランス)
2 : カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン(チリ)
3 : シェラ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン(カリフォルニア)

番外編
4 : シャトー・メルシャン 甲州きいろ香

3種類の国別カベルネ対決となりました。

1 : 2000円以下でこんな本格的ボルドーワインが飲めるんだ!
    と言うことにまず驚かされました。しっかりとしたボディー。
    カシスの深いアロマ、程よいタンニンとバランスの良さが
    群を抜いていました。

2 : お気に入りのデイリーワイン。
    濃密な樽香が、魅惑的な飽きの来ないワインです。

3 : アタックがまず華やか。
    ロリーポップやフルーツケーキのようなカラフルな甘さが
    にぎやかなパーティーを連想させます。乾杯ワインにピッタリ!


そして番外編の白ワインは
ソムリエ鈴木のセレクトには珍しい日本のワイン。
あまり期待せずに飲んでみると、大吟醸のようなさっぱりした味わいで
時間を置いてからの劇的な香りの変化がすばらしい!!
「甲州きいろ香」というネーミングと日本的なうつろう香りが
竹久夢二の描く女性を連想させました。

ワインセミナーセット【カベルネ・ソーヴィニヨン】+甲州きいろ香


e0090389_17363868.jpg

写真は、「ワインの若き熱血伝道師」、ユアーズの古川君作。
素敵なマリアージュでした。

次回はシャルドネ。
[PR]
by henrri | 2006-09-27 18:01

六月は真紅の薔薇

あっという間の5月だった。
爽やかな新緑の風を謳歌する間もなく、走り梅雨のような空模様だが
雨に濡れた新緑がさらに鮮やかに、美しさを増す季節でもある。

e0090389_17385396.jpg


つい一週間ばかり前には、まだ固い蕾だった裏庭の薔薇が色づき
幾重にも重なった花弁の間に雨粒を含み、重たげに首を垂れて
雲の合間の陽光に輝いている。

今日は沖田総司の命日である。
庭の薔薇が一つ咲き二つ咲きして、毎年彼の命日を思い出させてくれる。
e0090389_17392761.jpg


慶応4年5月30日、江戸千駄ヶ谷にて
幕末の仇花といわれた新選組一番組長沖田総司は
近藤勇の死を知らされないまま
最後まで近藤の身を案じながら息を引き取ったという。
享年27歳。
[PR]
by henrri | 2006-05-30 17:43

プラド美術館展を見た

美術館に行っていつも思うのは、半日ぐらいじっくり時間をかけて
絵だけではなく、その空間も思う存分楽しみたい・・・ということだ。
まだまだそんな贅沢は許されないけれど
その日はどしゃ降りの悪天候に加え
ほぼ開館と同時に入場できたこともあって
去年のドイツ展のような、人垣の隙間からかろうじてのぞき見るといった
悲惨なめには会わずに済んだ。

美術館には静寂を ―――  これが美術鑑賞の最低の条件だろう。

17、18世紀の、威風堂々としたスペイン絵画は
驚異的な光と影のせめぎ合いが造り出す魔術である。

e0090389_2324649.jpg

                             スルバラン「ボデゴン」

食器や食材を描いたボデゴンと呼ばれる絵がある。
闇の中に、ある意図を持って配置され浮かび上がった静物は
あまりに忠実なゆえに、禁欲的かつ官能的である。

e0090389_23274043.jpg

      サンチェス・コタン「狩猟の獲物、野菜、果物のあるボデゴン」

室内で描かれた絵が、自然界の法則に実に従順であるにもかかわらず
現代人の目に非現実的に映るのは
ろうそくの明かりのみを頼りに描いているからだろう。
現代人にとって、こうした漆黒の闇は未体験の空間であり
光と闇の果てにある静寂は憧れでもあるのだ。
[PR]
by henrri | 2006-05-07 23:47

毎日がトリノ

トリノオリンピックもいよいよ後半戦。
連日各国の選手達の活躍が報道されている。
なかなかリアルタイムでは見れないのだけれど
忙しい朝の時間でも、つい速報に見入ってしまう毎日が続いている。

男子フィギュアの高橋選手には、淡い期待を抱いてたんだけど・・・
やはり世界の壁は厚かった。
ジャンプでは失敗したものの
個人的に、彼の日本人離れしたスケーティングは
今回のオリンピック最大の収穫だったと思う。

一方では、トリノでも金メダルをいとも簡単にさらっていった
プルシェンコ選手の演技にはちょっと不満が残った。
もちろん彼の演技は完璧だったし、その技術に至っては
歴代のアスリートの中でも、群を抜いていた。
ショートプログラムでは高さと切れのある難しいジャンプを次々に決め
これでもかというほどに複雑なステップを見せ付けたが
難しい技の連続に終始し、音楽にあった振り付けには見えなかった。
彼の表現したいことがうまく伝わっていなかったように思う。
ショートプログラムで圧倒的な高得点を出したために
2日目のフリーでは、明らかに力を抜いた演技になってしまったのが
とても残念だ。

確かに金メダルは、全てのアスリートたちが恋焦がれ
一度は手にしたいと切望する特別の物かもしれないが
オリンピックの最終目標を金メダルにしてしまうのはつまらない。
最大のエキサイティングな瞬間は、メダルを獲るまでの過程にあるのだ。
完璧な演技だけが人を感動させるとは限らない。
プルシェンコ選手の優雅な演技の最中
脳裏にフラッシュバックしたのは
オリンピック選考にもれ、トリノの地を踏むことすらなかった
恩田芳栄選手の、諸刃の刃を剥き出しにしたようなギリギリの演技だった。
[PR]
by henrri | 2006-02-22 00:54

東京在住の雪の国の人々。

今日で出会った雪だるまさん達です!!
(撮影地 三軒茶屋)
おちびさん
e0090389_20243629.jpg

ずんぐりむっくり
e0090389_2025550.jpg

おしゃれさん
e0090389_20253027.jpg

眉毛・・・君?
e0090389_20261292.jpg

そして、親子。
e0090389_2026447.jpg

[PR]
by henrri | 2006-01-22 20:29

<今日のワイン> Japanese Sake 大七

今夜は手巻き寿司パーティ。盛り上げてくれるのは大七の仲良し3人組。
左は今年初登場、限定の梅酒。
アルコールが得意じゃない女性にもこれはえらく評判がいい。
e0090389_8523319.jpg

[PR]
by henrri | 2006-01-17 08:54

謹賀新年

今年も天使アンリのブログに遊びに来てくださいね。

e0090389_11175828.jpg

[PR]
by henrri | 2006-01-01 11:20

男子フィギュアスケート代表選考に思う

Excite エキサイト : スポーツニュース
今回の女子フィギュアオリンピック選考以上に楽しみにしていたのが
実は男子のフィギュアスケート。
今回の選考では、採点ミスという前代未聞の不手際から
非常に後味の悪い結果となったのは残念だけれど
代表選考に最終的に残った2選手の戦いは見応えがあった。

夏場の、過酷で地道な練習の様子など全くわからない僕たちにとって
冬期限定の種目であり、また
上位選手の入れ替わりが目まぐるしい種目でもある
フィギュアスケートでは、いい選手が現われると
まるで、唐突に天から使わされた申し子であるかのような印象を受ける。
女子の浅田真央選手同様、男子の高橋大輔選手には、まさに
彗星のごとく現われたような衝撃があった。
かつての日本人選手とは全くタイプの異なった彼の演技は
競技と呼ぶにはあまりに華麗で美しい。
ジャンプを終えたときの流れるような着氷姿勢。
スピードに乗り、氷と戯れるかのような切れのいいステップ。
その表現力は、確かなクラシックバレエの基礎を積んできたことを
容易に想像させる。
何より彼が稀有の存在であるのは
氷上にあるときの圧倒的なオーラにある。
インタビューを受けている時の彼は
どこにでもいる今時の若者に過ぎないが
いったん氷に乗ると、彼の中には
スパニッシュダンサーの熱くたぎる血が流れているのではないか
と思えるように輝きだし
キャンデローロの再来を思わせるようなオーラを放つのである。

とかく、女子の選考争いの陰に隠れて
注目度が削がれてしまった男子フィギュアだが
今回、採点ミスによる順位の入れ替わりという不本意な話題で
注目を浴びてしまった。
2度目の表彰台に上がった選手達に、笑顔はなかったが
高橋選手には、織田選手の分まで
トリノの本番で、存分に実力を発揮してもらいたい。
それが、この最終選考の顛末を見守った
全ての人たちの思いではないだろうか。
[PR]
by henrri | 2005-12-26 10:01

銀板のジャンヌ・ダルク

最後の最後まで白熱した展開を見せた
女子フィギュアスケートオリンピック代表がようやく決まった。
トリノへの切符を手にしたのは安藤美姫、村主章枝、荒川静香の3選手。
昨日の全日本フィギュアスケート選手権ほどレベルの高い大会は
オリンピックも含めた様々な国際大会でも
かつてなかったのではないだろうか。
代表枠を争った上位6選手のほとんどが
パーフェクトに近い、気迫のこもった素晴らしい演技を見せてくれた。
選手達が次々に難度の高いジャンプを決める度に
会場に湧き上がる感動と興奮が
TV画面を通しても、あますところなく伝わってきた。
彼女達は本当に美しかった。
結果として選考に漏れてしまった選手の演技は
トップスリーの選手と比べなんら遜色はなく、むしろ
追う者の気迫がひりひりと伝わってくるような素晴らしい演技だった。

中でも印象的だったのが、僅差で代表枠を逃した恩田美栄選手。
最後のアドバイスを受けてコーチの元を離れ
それまでの迷いから解き放たれるように
力強くリンクに向かった彼女の演技が光っていた。
決意の色が宿った瞳の輝きが、一瞬にして会場を制圧した。
眠っていた底知れない力が眠りから醒め、外に溢れ出すかのような
迷いのない演技からは、誰も失敗することなど想像だにしなかった。
それまで、彼女の中に澱のように蓄積してきた辛さ、苦しさ、悔しさ
といった負のエネルギーが
アスリートとしての彼女の闘志に火をつけたかのような瞬間だった。
彼女の演技は、まだフィギュアスケートの奥深さも、試合の怖さも知らない
若い選手の伸びやかな演技とは全く違っていた。
これまでの戦いで受けてきた、幾多の傷を刻みながら
それでもなお戦うことを止めずに前へ進む彼女の姿は
ジャンヌ・ダルクのように強く美しかった。
[PR]
by henrri | 2005-12-26 02:32